トマトケチャップ通信

宮城県に住んでいる会社員が主にカレーを作るブログ

ブルーノのハンドブレンダーを手に入れました

こんにちは、穂高透です。

YouTubeは細々と続けています。

でも2月3月は忙しいのでまたしばらくお休みかもです。

さて、基本現金派でクレカは通販のみだったわたしでしたが、

新型コロナの影響でほとんどの支払いをクレカで済ませるようになりました。

そしたらけっこうポイントが貯まったのでブルーノのハンドブレンダーと交換しました。

f:id:hodakatoru:20210207131910j:plain

おしゃれな箱に入ってました

以前ブログにも書いたように、

ミキサーも持ってるのにハンドブレンダー必要なの?とちょっと思ったり、

 

torukitchen.hatenablog.com

 

ソレドコの記事では皆さんブラウンのハンドブレンダーを推していたりと

srdk.rakuten.jp

本当に良いのか!?と思いつつもせっかくポイントで交換できるからと

思い切って注文しました。

何度か使ってみたのですが、とても便利でした!

f:id:hodakatoru:20210207132440j:plain

中身はこんな感じでした

写真が暗いのと逆さまになっていますが…。

アタッチメントが3種類あって、左からチョッパー、ブレンダー、ホイッパーです。

チョッパーとブレンダーは使いました。

ハンドミキサーを持っているのでホイッパーを使うことはなかなかないかも…。

ブルーノのハンドブレンダーは定格時間が3分で、

わたしが持っているAmazonで激安だったハンドミキサーは15分なので、

本格的にお菓子作りに使いたいならハンドミキサーを買ったほうが良さそうです。

ブルーノのホイッパーはちょっと生クリームや卵を泡立てようかな、

くらいなら使えるかもです。

チョッパーは使ってみて、特に便利だと思いました!

このブログで以前紹介している通り今まではぶんぶんチョッパーを使って

みじん切りをしていました。

 

torukitchen.hatenablog.com

 それでも包丁でやるよりずっと楽で早かったのですが、

チョッパーでみじん切りにすると本当に瞬殺という感じです。

1回スイッチ押すだけでほぼ問題ない状態にみじん切りされています。

ぶんぶんチョッパーだと10回くらいはひもを引っ張らないといけないので、

この差はなかなか大きいと思います。

ぶんぶんチョッパーの方が導入コストは低いですが、

よく料理をするという人ならハンドブレンダーを買うのも手だと思います。

ただ、電源の問題があるので、キッチンに十分なコンセントが無くて

移動しないといけないのが面倒くさいならぶんぶんチョッパーの方が良いかもです。

ブレンダーは一度使いましたが、ジュースやポタージュに便利そうです。

カットフルーツと水で簡単にジュースが作れるので、色々試してみたいです。

ミキサーに入り切らない量でも鍋で調理できるのも便利だと思いました。

使ってみて思ったのは、ミキサーよりも使うときの心理的ハードルが低いな、

ということ。

ミキサーは使い終わったあと大きな洗い物をしないと…と思ってしまうので

ちょっと使いづらい感じがあり、実際あまり活用できていません。

ハンドブレンダーはそれぞれのアタッチメントがコンパクトで、

それほど洗い物が多いわけではないので使いやすいと思いました。

とは言え、ミキサーで無いとできないこともあるので(ゴマをペーストにするとか)

両方あるに越したことは無いと思いますが。

色々書きましたが、まとめると、わたし的には

ハンドブレンダーは2021年買ってよかったランキング暫定一位という感じです!

厳密には買っていませんが…。

調理家電はうまく活用してこれからも料理を楽しんでいきたいです。

サイゼリヤでテイクアウトしてきました

こんにちは穂高透です。

年末年始のお休みでYouTubeに動画を2つ投稿しました!

月2くらいでなにか投稿しようと思いつつ、ネタ探し中です。

スパイスの幅を広げようとフェヌグリークパウダーと

エスビーのロイヤルマサラを買ってみました。

まだ使ってないので使ったらまた感想とか何らかの形で残します。

さて、タイトルの通りなんですが、サイゼリヤでテイクアウトしてきました。

わたしは22年間サイゼリヤのない土地で暮らしてきたので、

テレビやインターネットで見たサイゼリヤにすごく憧れていました。

現在はサイゼリヤのある場所で暮らしているのですが、

サイゼリヤの売上が落ち込んでいるとのことで、

もしわたしの暮らす街のサイゼリヤが閉店したら大変だ…!

と思ったので応援のつもりでテイクアウトに行きました。

直接お店に行って紙に欲しい物を記入すればいいので難しいことはありませんでした。

わたしはサイゼリヤでは柔らか青豆の温サラダが一番好きなのですが、

この日は売り切れだったので他のものを頼みました。

f:id:hodakatoru:20210117142645j:plain

アロスティチーニと骨付きももの辛味チキン

すぐ食べるようのものは、頼んだことがなかったので

アロスティチーニと骨付きももの辛味チキンを注文しました。

やみつきスパイス、クミンの風味があって美味しい!

骨付きももの辛味チキンも辛味チキンの大きいバージョンということで

食べごたえがあって満足でした。

f:id:hodakatoru:20210117142307j:plain

冷凍の辛味チキン!

そして冷凍の辛味チキンも買ってみました!

これは革命ですよね…家でいつでも辛味チキンが食べられる…!

まだ食べていませんが少しずつ食べたいです。

f:id:hodakatoru:20210117142359j:plain

やみつきスパイスとオリーブオイル

あとこれらも買えたので試しに買ってきました!

やみつきスパイスは肉を焼いて味付けに使うといいかな。

オリーブオイルはいいやつだと思うので、

サラダやパスタに積極的に使いたいと思います。

この辺はまた動画などで紹介しようかな。

サイゼリヤに限らず、飲食店は厳しい状況だと思うので、

テイクアウトなどを積極的にしたいな〜と思いました。

女の一人飯なので大した売上にはならないかもしれませんが、

近隣の飲食店が無くなったら悲しいので、利用していこうと思います!

アジアハンター小林真樹さんの「食べ歩くインド」を読みました

お久しぶりです。

YouTubeは10本くらい動画を投稿したところでお休み中です。

また気ままに撮影したいな〜という感じです。

年末年始あたりにはまた再開するかも…?

夏頃に購入した「食べ歩くインド」を読み終えたので感想を書きたいと思います。

読み終わったのもちょっと前なのですが…。

「食べ歩くインド」は「日本の中のインド亜大陸食紀行」に続くアジアハンター代表小林真樹さんの著作です。

「日本の中のインド亜大陸食紀行」については以前このブログでも紹介しているのでそちらもチェックしてみてください。

 

torukitchen.hatenablog.com

 「日本の中のインド亜大陸食紀行」は日本でインドやネパールなどインド亜大陸の方々がどう生活しているのか、食文化についてという内容でしたが、

「食べ歩くインド」はインド全体の料理とオススメの食堂ガイドの紹介となっています。

北・東編と南・西編に分かれているためかなりのボリュームです。

北・東編のコラムではパキスタン、ネパール、バングラデシュの料理も紹介されています。

この本はとにかく情報の密度がすごいです。

読んでしまうと、インド料理は北と南に大きく分けることができて…くらいの認識しかできていなかったのが、

北なら北でも都市ごとに特徴のある料理があり、細かく分かれているということがわかります。

急激にインド料理に対する解像度が上がりすぎてしまい脳の処理が追いつかなくなってしまいました…。

用語解説や参考文献として現地のYouTubeなども取り上げられているので、

インドに行く!カレー食べたい!という方はマストで読んでおいた方が良いと思いました。

このような社会情勢ではいつ海外に旅行できるかはわからないですが…。

インドに行ったことのないわたしでも、

レストランの雰囲気を想像できる文章で、自分が旅行しているような気持ちになれました。

自分の興味のある地域の方だけでも良いので、

インド料理が好きな方は読んでみると新たな発見があると思います!

 

食べ歩くインド 北・東編

食べ歩くインド 北・東編

  • 作者:小林 真樹
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: 単行本
 

 

 

食べ歩くインド 南・西編

食べ歩くインド 南・西編

  • 作者:小林 真樹
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: 単行本
 

 

 

アジアハンターさんからインド鍋をお迎えしました

こんにちは穂高透です。

今のところYouTubeは週一更新目指してやっています。

初回はチキンビリヤニでしたがその後冷製パスタ回を二回やったので、

次はカレーが良いよなあという気持ちです。

さて、タイトルの通りなのですが、このブログでも著作の感想を紹介している

小林真樹さんが代表を務められているインド食器などの専門店「アジアハンター」で

取り扱っているインド製のアルミ鍋、「インド鍋」を購入しました。

f:id:hodakatoru:20200830163240j:plain

使用前のインド鍋(大)です

www.asiahunter.com

今のところ大サイズならまだ在庫があるみたいですね。

入荷してもすぐ売り切れることもあったりして、

Twitterのカレー界隈で流行しているみたいです。

わたしも以前から気にはなっていたものの、なかなか購入に至れずにいたのですが、

昨年から使っていたニトリのフライパンのテフロン加工がダメになってしまったので、

カレー用の鍋があった方がテフロンへのダメージが少なくて

フライパンも長く使えるだろうと思ったのがきっかけで購入しました。

サイズは大と特大で悩んだものの、

収納スペースや最大でも4人前しか作らないことを考慮した結果、

大サイズを購入しました。

今のところ4人前までなら結構ギリギリにはなりますが作れています。

水は加えても400mlまでという感じがあるのでそれ以上になるレシピは

他の鍋で作った方が安全な気がします。

インド鍋はアルミ製なので使う前に米のとぎ汁を沸かして処理をしました。

f:id:hodakatoru:20200830163248j:plain

これで変色が抑えられるらしいです。

他には特に難しい手入れなどはいらないようです。

実際にインド鍋をカレー作りに2回ほど使ってみました。

使ってみた感想ですが火の通りが早いような気がします。

f:id:hodakatoru:20200830163253j:plain

エビのカレー

持ち手もアルミなのでふきんで掴まないといけませんが焦げ付きもなく、

マスタードシードとかすりおろしのにんにくやしょうがのハネも少なくて良いです!

f:id:hodakatoru:20200830163300j:plain

料理通信を見て作ったあさり出汁のココナッツチキンカレー

まだ扱いには慣れていない感じがしますが、それはこれからということで。

なんとなくカレー作りが上手になった気分も味わえるしお値段も手頃なので、

カレー用の鍋で悩んでいる方がいればオススメです!

 

 

ついにYouTubeに動画をアップロードしました!

タイトルの通りです!

やってみようと思いつつ先延ばしにしていたのですが、

お盆休みを利用してついに撮影、編集をしました!!!

キッチンでのカメラのアングルが難しく、

これからもっと工夫しないといけないな〜という感じです。

よろしければチャンネル登録お願いします!

不定期に料理動画をアップロードしていく予定です。

www.youtube.com

欲しかった調理器具などを買ったので紹介します

お久しぶりです。

なんとなく書くことないな〜って思ってたら二ヶ月くらい経ってしまいました。

相変わらずお弁当はカレーを続けています。

今回は給付金とボーナスで欲しかった調理器具を買ったのでそのまとめでもしたいと思います。

イッタラ レンピ

f:id:hodakatoru:20200808143218j:plain

パフェにも使えそうなグラスが欲しかったんです

家でパフェを作ったことはないのですが、

パフェにも使えそうなグラスが欲しい!ということでずっと目を付けていたこれを

2個セットで購入しました。

口当たりもいいしお茶でもお酒でも使えて便利ですね。

マイクロプレイン ゼスターグレーター

f:id:hodakatoru:20200808143203j:plain

なんでもすり下ろしたくなります

はてなブログでもTwitterでも料理上手な方がオススメしている印象のおろし金。

実際に使ってみるとやっぱり使いやすい!

チーズを削ったらすごくふわふわに仕上がって感動しました…!

にんにくやしょうがのすりおろしも楽ちんなので、

大根おろしもおろせる幅広のジャパニーズスタイルグレーターも気になります…。

ダンスク バターウォーマー

f:id:hodakatoru:20200808143210j:plain

バターを温めることがあるかはわかりませんが購入しました

こちらもずっと欲しかったのでいい機会だと思って購入しました。

時々チャイを作って飲んでいますが、

使っているミルクパンがあまり気に入っていなかったので、

代わりに使えるものとして購入しました。

茹で卵とか、一人分のスープなどにも使えそうですね。

だんだんお気に入りの道具に囲まれて料理ができるようになってきて、

料理へのモチベーションも高まりそうです。

ブログの方はお盆休みの間にまた更新できればな〜という感じです。

行者にんにくの醤油漬けの活用方法

穂高透です。

職場で行者にんにくの醤油漬けをいただいたので、

それを使って作った料理の記録をしておきたいと思います。

行者にんにくって主に北海道とか東北で食べられてるんですね。

どこでも食べられるものじゃなかったんだ…となりました。

臭いが強烈なので、できるだけ早く加工してしまった方が冷蔵庫の中の平穏が保たれると思います。

餃子

 

これは定番かもしれませんが、

醤油漬けを使ったレシピはググっても見つけられなかったので軽くまとめてみます。

行者にんにくの餃子のレシピ(だいたい50個分)の材料

  • 行者にんにくの醤油漬け ニラでいうところの3束くらい
  • 豚ひき肉 300グラムくらい
  • オイスターソース 適量
  • 鶏ガラスープ 適量
  • ごま油 適量
  1. 行者にんにくの醤油漬けは水で洗ってから刻む
  2. 1.とごま油をボウルで馴染ませる
  3. 調味料を入れて豚ひき肉を入れて混ぜ、冷蔵庫で休ませる
  4. 包んで焼く

餃子の作り方は「菱田屋の男メシ!」を参考にしています。

 

 行者にんにくの漬かり具合にもよると思いますが、

特にタレをつけなくても大丈夫なしっかりめに味のついた餃子になりました。

自分で作った餃子を冷凍しておくと後でも楽しめていいですね。

行者にんにく自体はこれで使い切ったのですが、醤油が残ったので、それも活用しました。

から揚げ

こちらも「菱田屋の男メシ!」を参考に、コーンスターチ入りの衣で揚げました。

行者にんにくを漬けた醤油以外の味付けはしょうがと酒だったと思います。

味付けは白ごはん.comのから揚げを参考にしました。

f:id:hodakatoru:20200607191930j:plain

www.sirogohan.com


油そば

www.hotpepper.jp

こちらの記事を参考にして、油そばのタレにも使いました!

ズッキーニの焼き浸し

それでも醤油が余ったので、ズッキーニをごま油で焼き目がつくまで焼いて、

醤油を水で薄めて焼き浸しにしました。

 

こんな感じで4種類の料理に展開させることができて

旬の味を満喫できて楽しかったです。

冷凍した餃子はあと1回分あるのでいつ食べようかな、と思っています。